自分を生きる 旭川ストレスケアサロン mederu

「ほっとする心と身体」で自分らしく生きることを大切にしています。ストレスケアカウンセラー、一般社団法人JASCA会員、看護師、「ストレスケア」は心と身体のリラクセーションです。

同窓会

 

こんにちは。石岡です。

 

先日、高校の同級生とプチ同窓会をしてきました。

 

 

男女合わせて13名。

 

f:id:ishikotororo:20191027160659j:image


f:id:ishikotororo:20191027160654j:image

一番最初に着いて誰もいないのでパチリ。

レトロな建物の二階

 

 

ワイワイガヤガヤ。

 

飲んで食べて喋って笑って。

 

 

今年46歳の大人が高校時代に逆戻り。

 

 

あ〜楽しかった〜。

 

 

そして食べ物の写真は一枚も撮っていません。

 

そのくらい友達と喋るのに夢中でした。

 

 

 

私は高校時代、自分のことを女性としてアピールすることは殆どありませんでした。

 

男女関係なく友達‼️という感じです。

 

女の子らしくするのも恥ずかしくて苦手でした。

 

 

その当時を思い返す話題をこの同窓会で男友達からされました。

 

 

A君 「 石岡さ、1年生の文化祭のとき、5組と8組で合同のお化け屋敷作っていたの覚えてる?」

 

 

私 「うん、覚えてる!」

 

 

A君「 その時さ、石岡、脚すごい広げていてパンツ見えてたんだよね。」

「それを石岡にパンツ見えてるよって伝えたら石岡"ふーん、そうなんだ "って言って何も気にしていないんだよね。カッコいいな〜って思ったさ」

 

 

私  「え?マジに?パンツ? パンツ見えてた?」

 

 

A君 「うん、見えてた。白だったよ。でも、石岡全然気にしてないんだ」

 

 

私「 うっそ‼️パンツのことは覚えていない。え〜っっ恥ずかしい🤣」

 

もう笑うしかないですよね。

 

大笑いしながら恥ずかしがりました。

 

 

ほんとに子どもだったんだな〜と思いました。

スカート履いていても気にしていなかったんだな〜。

 

 

一次会は洋食フレンチ。

 

 

みんな口々に言います。

「初めて食べるものばかりだ。」

「これは何?」

「外国の味がする」

「家でこの味付けにあったことがない」

「基本、和食」

 

 

庶民派の味に慣れている私達。

普段食べ慣れない料理が出てきて❓❓❓な表情。

46歳、頑張ってます。

 

 

二次会はカラオケ。

その当時の歌が流れると大盛り上がり。

男子は途中プロレスの技を掛け合いながらじゃれ合うし。

何も変わらない。

目の前には46歳の中年の男女がいても、高校生に見えてしまう。

この不思議な感覚。

喋り方も高校時代に戻ってしまう、この不思議さ。

 

少々乱暴な話し方をお互いしても全く気にならない。

カドが立たない。

そして誰も傷つかないし、笑って言い返したり気にしない感覚。

 

いいな〜。

心の底からくつろいで話せるってほんといいよね。

 

 

はぁ〜、素敵な時間でした。

 

もちろん、三次会までありました。

三次会は庶民的な居酒屋。

 

枝豆が出てきて落ち着くね。

 

 

学生時代の青春はちゃんと記憶に残っているんだな〜。

大事な大事な宝物。

とても幸せな時間を過ごすことができました。

 

 

あ〜〜〜っっっ、楽しかったな‼️

 

また明日からそれぞれの日常を頑張ろうっと。

 

 

 

ではでは。

 

 

 

今日も読んで下さってありがとうございます。

石岡 友紀

シーユー💛

 

 

 

ストレスケアの基本のお話↓

https://ishikotororo.hatenablog.com/entry/2019/05/17/175702

 

ストレスケアとの出会い↓

https://ishikotororo.hatenablog.com/entry/2019/05/27/100051

 

ストレスケアのお問い合わせ、予約↓

https://ishikotororo.hatenablog.com/entry/2019/07/03/110308