自分らしく生きる心と身体を身につける 旭川ストレスケアサロン mederu

「ほっとする心と身体」で自分らしく生きることを大切にしています。ストレスケアカウンセラー、一般社団法人JASCA会員、看護師、「ストレスケア」は心と身体のリラクセーションです。

受けるのが楽しみ

こんにちは。石岡です。



私、あれ?と気づいたことがありました。




ストレスケアを受けに来てくださってるお客様の共通する言葉。




それが

「受けるのが楽しみ〜」


「楽しみにしてた〜」なんです。





その言葉を頂いた時に私は嬉しい!と思いました。





お客様がホメオストレッチを受けて、感じたままの気持ちがその「受けるのを楽しみにしていた」の言葉なんだなと思います。






その言葉を紐解いて行くとホメオストレッチに対する気持ち良さ、リラックス感を感じて頂けているのではないかな、と思いました。




楽しみがあると普段何気ない日常生活も頑張れるし、活力の源にもなれることが嬉しくて。





そして、ホメオストレッチのリラックス感を心と身体が覚えてるいるからこそ、「楽しみにしていた〜」と言葉がでるのではないかな、と思いました。





受けたことがない方になかなかイメージが湧かないと思いますが、例えて言うなら一週間クッタクタになるまでお仕事を頑張って、明日が休日。






やっとホッとできると思って、夜寝る時に布団に入った時のなんとも言えない解放感とホッとする安心感、タオルケットの肌触りが気持ちいい〜!!みたいな感覚。





これがホメオストレッチを受ける直前の感覚です。

と、いっても私個人の感想ですが。





いや、でも、私も長年ホメオストレッチを受けてきました。




もう、ケアのベッドに横になる瞬間。



最高に幸せ、やった〜‼️となる訳です。




実際にはホメオストレッチが始まった時の方が幸せですよ。




そして、終わっても最高に幸せなんですよー。





私ね、独身ですが結婚したら旦那さんにホメオストレッチをやりたいし、いずれ旦那さんにも基本のコースを覚えてもらってお互いやりあっこしたいなと目論んでまっす。




ま、夢というか希望というか。

お互いがヨボヨボにならない前に♡





「受けるのが楽しみ」と言って頂けるのは、私自身のモチベーションも上がりますし、お仕事に対する気持ちに張り合いが出ます。





もちろん、その言葉がなくてもやる気満々なんですが。





お客様の安心した穏やかな表情や笑顔を見ると、心の底から「やっぱりストレスケアをやって良かった」と思います。





相手の方が輝き出していくのを真近で見て、人間の力ってすごいな〜と思いました。





自分がストレスケアのお仕事で人と関われるありがたみをジワジワと感じている今日この頃。





私の活動はまだまだ知られていませんが、少しずつ地道に頑張っていきまっす。




幸せだなー。

ではでは。




今日も読んで下さってありがとうございます。
石岡 友紀
シーユー💛


ストレスケアの基本のお話↓
https://ishikotororo.hatenablog.com/entry/2019/05/17/175702


ストレスケアとの出会い↓
https://ishikotororo.hatenablog.com/entry/2019/05/27/100051


ストレスケアのお問い合わせ、予約↓
https://ishikotororo.hatenablog.com/entry/2019/07/03/110308

とうきび食べるぞー

こんにちは。石岡です。

3週間くらい前からスーパーに並び始めた地元のとうきび



実は私、甘いとうきびよりも甘さ控えめなとうきびが好きです。

このとうきびは確か1本84円でした。中くらいのサイズです。


ヒゲも特別フサフサしているわけではないので、大当たりのとうきびではないですが、私にはそれくらいがちょうどいい食べやすさ。



とうきびを食べた後の口の中に残るあの独特な感覚はいったいなんなのだろう?と思います。



口の中に甘さというか、乾くというか無性に水分を摂りたくなる感覚。




あの感覚が、ちと苦手なんです。



でも、食べると美味しい!




とうきびを食べるのは今時期だけです。




1回か2回。



これで満足して翌年まで持ち越せます。




外食した時にそっと添えられてるとうきびはもちろんいただきますよー。




自分で茹でて食べる分には1、2回で十分なんです。





さて、茹でますよー。




昔はきっちり外の皮もヒゲも取って茹でていましたが、今はそのまま茹でる方法が主流になりつつあります。




その方が旨味が逃げないとの話です。


茹で上がりました。



周りのご家庭は塩味をつけるのですが、私は塩を使いません。



そのままの味を楽しみたい。



どれどれ粒の大きさはどうかな?



不揃いだけど、気にしない。



昔は粒が揃ったとうきびに喜びを感じていましたが、不揃いでもここまで育ってきたんだな、と思うとそんなことどうでもよくって。



1本84円のとうきびいただきまーす!




んまっ。


ほどよい甘さでいい〜。



小さな頃は一粒ずつむしって食べていたの。


気が遠くなる作業だけど、その時はそれが良くて。



どうしてかというと、一粒で一回食べるんだから、食べる回数増える、何回も味わえる、この目的でチマチマ食べていました。



でもね、根本的な原因はお兄ちゃんの真似です。


美味しそうに一粒ずつ食べていたから、真似したら美味しかった。



ただそれだけ。




ちなみに札幌の大通り公園の焼きとうきび、小学生の時に1回食べただけです。




自宅では茹でとうきびしか食べたことがなかったので、焼きとうきびは新鮮だったな〜。


香ばしい香りと味。

美味しかった記憶があります。



さて、食べ終わりました。


見た目が汚いから要注意。


言い訳をひとつ。


根元から綺麗にどうしても取れなかった。





ごちそう様でした。


お腹いっぱいです。



ちなみにとうきびご飯は一度も食べたことがありません。



とうきびご飯を作るご家庭もあると思いますが、基本あまり聞いたことがありません。



知り合いの家でも出たことがありません。



道民はほぼ、そのまま茹でたてをかぶりつくスタイルです。




思い出した。

小さな頃「 とうきび 」が言えなくて「 とうびき 」と言っていました。

どうしても言えなかったんだよな〜。




そんなところで今日はサヨウナラです。



今日も読んで下さってありがとうございます。
石岡 友紀
シーユー💛




ストレスケアの基本のお話↓
https://ishikotororo.hatenablog.com/entry/2019/05/17/175702

ストレスケアとの出会い↓
https://ishikotororo.hatenablog.com/entry/2019/05/27/100051

ストレスケアのお問い合わせ、予約↓
https://ishikotororo.hatenablog.com/entry/2019/05/27/100051

陰ヨガ

こんにちは。石岡です。


皆さん、「 陰ヨガ 」って知ってますか?




ヨガはいろいろな種類がありますが、その中のひとつ。




今年の夏、「 陰ヨガ 」初体験。




まだ、1回しか行ってませんが今月中に2回目を体験する予定です。





陰ヨガはダイナミックなヨガではなく、ゆっくりと自分と向き合う静の部分を感じるヨガです。



ヨガのポーズを正確に表現するのではなく、また、綺麗なポーズをとるのでもなく、自分のちょうどいい場所をゆっくりと身体の声を聞きながら探していく。




そして、ここだと思うところで数分間、そのポーズをとるというものです、




難易度の高いポーズはとりません。




ゆっくり向き合う。





同じポーズをとっていても左右の身体の硬さや脚の開きも違うので、微妙にポーズが違うことに気づきます。




それがダメなわけではなく、そのことを受け入れること、自分を大切にすること、その身体を慈しむこと。




それらが陰ヨガには含まれていて、ヨガ中は何とも言えない幸せな気持ちになります。




今まで他のヨガも体験してきたのですが、こんなに幸せな気持ちになったのは陰ヨガが初めてです。



私にあっているんだなぁ、と思いました。






ヨガ中に何の気なしに周りの方を見てみると、同じポーズをとっているのですがみんなバラバラです。



自分の身体がちょうどいいと感じるところでキープするので、それぞれバラバラなのです。


バラバラだけど幸せなのです。


バラバラだけど、それでもいいよ。




それが陰ヨガなのです。





人間て思わず、決められたことや基準に合わせようとするけど、基準を目標としちゃうからそこばかり見てしまう。




その間って意外と自分の心や身体の声を聞いていなくて、目を向けてないことがあるよなぁ、と気づかされます。



思いやりや世の中の秩序やルール。
これは大切だなと思っています。




それ以外で自分がいる環境の中で、自分はいったい何に基準を合わせているのか?




そもそも合わせようとしているのか?




などなど、考えるきっかけになりました。





周りには目を向けていても自分の中身まで知るってなかなかないよなー。




疲れた、お腹すいた、お風呂入りたい、ご飯作らなきゃ、仕事の準備しなきゃ、映画行きたい、旅行行きたい




こんな気持ちは日々あるけど、欲求だけではないそれ以外の自分の心と身体に目を向ける。





陰ヨガってそんな時間を体験できます。





2回目が楽しみだな〜。





ではでは、今日はこの辺で。




今日も読んで下さってありがとうございます。
石岡 友紀
シーユー💛




ストレスケアの基本のお話↓
https://ishikotororo.hatenablog.com/entry/2019/05/17/175702


ストレスケアとの出会い↓
https://ishikotororo.hatenablog.com/entry/2019/05/27/100051


ストレスケアのお問い合わせ、予約↓
https://ishikotororo.hatenablog.com/entry/2019/05/27/100051

自己受容〜チューニングイン

こんにちは。石岡です。




空のグラスに太陽の光が当たって、電球みたいな影ができました。



化学の実験みたいだな、と思いました。





「自己受容 」って言葉なかなか使わないですよね。




今日は皆さんの日常生活の中に、この「 自己受容 」をほんの少しでも取り入れてもらえたら嬉しいな、と思いご紹介させて頂きます。



むずかしくないですよー。





実はこの「 自己受容 」、あの「 チューニングイン 」と繋がってます。


「 チューニングイン 」についてはこちら↓
https://ishikotororo.hatenablog.com/entry/2019/09/10/110054



まず「 自己受容 」って何⁈




それは
「 自分の体験は無駄なことはないんだ、必要なことなんだと思う姿勢 」 という意味です。





そんなことを言っても、誰しもいい時もそうじゃない時もあるし、腹が立つこと、嫌なことや傷つくこともあるわけで。




「 自己受容 」っていいのはわかるけど、すっぽり受け入れられない時もあるのです。






ここで、ひとつ大事なことを付け加えると「 自己受容 」の意味の最後の部分。

「思う姿勢」が大切なポイントなんです。



先ほども述べたように、受け入れられない、思えない時もあります。
それでいいんです。



どんな時も「 私の人生の出来事はどれも必要で、無駄なことはないんだ」と思えないと思います。




ここでいう「 自己受容 」は無理矢理受け止める、思うと言うことではないのです。



例えばこんな感じです。



自分がいろいろな体験をして葛藤することや思い悩んだりするときに
「 そういえば、自己受容って言葉があったな 」と思い出すこと。




いったん体験したことを「無駄なことじゃないって言ってたな、必要なことって言ってたな」ぐらいの気持ちで自分の中にその言葉を思い出してみる。


この2つの行動が「思う姿勢」に繋がるのです。




この行動をしたことで、脳のダイヤルがガチャリと切り替わります。




そうです、「 自己受容 」は「チューニングイン」です。




「 自己受容 」と「 チューニングイン 」はセットだね。




この「 自己受容 」と「 チューニングイン 」は
私達の「 感受性 」のトレーニングになります。


「 感受性 」とは物事を受けとる力、感じる力です。



私達の心と身体を作る上で「 感受性 」は大きなパワーとなります。





自分の感情は自分で決める。




あなたの心と身体はあなたのものです。




「 自己受容 」と 「 チューニングイン 」は地味だけど、積み重ねていくとあなたの心と身体に味方してくれるトレーニングです。





毎回できなくたっていい、1日1回でも意識してみる。




もしくは、「 自己受容」 「 チューニングイン 」の言葉だけでも思い出してみることから始めてみる。





私はむむっと思った時に「 チューニングイン、チューニングイン 」と唱えます。




そして、何を見るか、何を思うか感じるかを手探りで自問自答してます。



これを地道に続けていたら、習慣化されました。




自分の心が優しくなる、思いやりが増える、モチベーションがあがる、自分自身が楽になる。





「 自己受容 」と「 チューニングイン 」はそんな素敵な方法です。




あなたの心と身体があなたらしく輝けますように。




では、今日はこの辺で。




今日も読んで下さってありがとうございます。
石岡 友紀
シーユー💛



ストレスケアの基本のお話↓
https://ishikotororo.hatenablog.com/entry/2019/05/17/175702


ストレスケアとの出会い↓
https://ishikotororo.hatenablog.com/entry/2019/05/27/100051


ストレスケアのお問い合わせ、予約↓
https://ishikotororo.hatenablog.com/entry/2019/07/03/110308

ひょっこり

こんにちは。石岡です。



大豆畑の収穫が始まってるようです。




さて、大豆以外に何か見えるかな?



ラクターも見えるけど、そっちじゃなくてトンボの方。





いっぱい飛んでいたな〜。



次々と柵にとまるんだ。




トンボを見かけ始めると秋を感じます。






公園で出会ったひょっこり

ん?



もしや・・・



イガグリ‼️



こんにちはー。



ここにも秋がひょっこり近づいてるね。




イガグリ見たらウニを思い出しました。




今年は塩水ウニ(ミョウバン無し)食べなかったな。


タイミング逃した。


ぐすん。





毎年生きてきた分だけ春夏秋冬感じているはずなのに、どうやって季節が変わっていくのか大まかにしか覚えていない。




季節の変化をちっちゃな部分で感じれたら、時間の流れもしっくりくるのかも。



発見!


どんぐりの木。


まだ青々としてる。



これから茶色になっていくんだな。



そうしてリスの頬袋に詰め込まれるんだね。





今現在、また緑の色がメインの状態の北海道。




半月後には黄色がいろんな風景に混ざってくるのかな?




お米の稲穂は穂先が少しずつ垂れてきている状態。





野菜達も収穫が次々に終盤を迎えてきて、これから稲も刈り取られると風景が徐々に淋しくなってきます。




それと入れ替わりに木々や山の紅葉が始まり、視線は土のある陸地から木々や山の高さになります。




夏よ、サヨウナラのサヨウまで来ています。




あぁ、時の流れが早い・・・。




これから、秋のひょっこりが続くんだろうなぁ。




うん、うん。




それでは。





今日も読んで下さってありがとうございます。
石岡 友紀
シーユー💛



ストレスケアの基本のお話↓
https://ishikotororo.hatenablog.com/entry/2019/05/17/175702


ストレスケアとの出会い↓
https://ishikotororo.hatenablog.com/entry/2019/05/27/100051


ストレスケアのお問い合わせ、予約↓
https://ishikotororo.hatenablog.com/entry/2019/07/03/110308

何のために生きているのか?

こんにちは。石岡です。



最近見かけたお花。

え?これって朝顔? 昼顔?
それとも全然違う花?


少しずつ気温が下がってきている北海道。




その中でも頑張って咲いている花を見かけ、あまりの綺麗さにパシャリ。




健気だなぁ。





皆さん、「何のために生きているのか?」





考えたことありませんか?





私はたまに感じることがあるのですよ。





その度に考えていたのですが、数年前に自分なりに答えを見つけまして。




答え自体が少し長いですが。





この「何のために生きているのか?」は人間誰しも人生の中で一度は考える問題じゃないかな?と思いました。





そうやって自問自答するのが「生きる」ってことなのかなと思いました。





あと、その問いに正しいとか間違ってるとかはない。




そして、答えはひとつではない、と思いました。





私自身が、この「何のために生きているのか?」を何度か考えたことがあって。





思いつめているとかではなくて、本当に人間てなんだろう?と不思議に思ったので「知りたい!」と思う気持ちが強くて。





そんなことを繰り返して、ふと思ったこと。





自分で答え決めちゃえばいいんだ。


シンプルに。





私の出した答え




① 地球上のあらゆるもの、自然や美しいものを見るため


② 食べ物を美味しく食べるため



③はまだしっくりこないから、決めかねる。




この①と②、思いっきり自分中心の答え。




人との出会いとか、人の役に立つとかも考えたのですが、そして、世の中に食べ物を食べられない人達がいることも考えました。




ですが、ただただシンプルに考えたのです。




自分という人間を自分が大切にできるのか。




その部分をまずは大切にしたい。





ただ、それだけです。




それを考えた時に出てきた答えが①②です。





自分を大切にする、満たすことって次のステップにも繋がってると思うのです。





そして、書いていて思ったのが①②に共通すること。




それは「感じること」なのかな、と思いました。





普段あまり考えないことですが、他の人の「何のために生きているのか?」も知りたい今日この後です。





ではでは、この辺で今日はオシマイです。



今日も読んで下さってありがとうございます。
石岡 友紀
シーユー💛




ストレスケアの基本のお話↓
https://ishikotororo.hatenablog.com/entry/2019/05/17/175702


ストレスケアとの出会い↓
https://ishikotororo.hatenablog.com/entry/2019/05/27/100051


ストレスケアのお問い合わせ、予約↓
https://ishikotororo.hatenablog.com/entry/2019/07/03/110308

チューニングインしてる?

こんにちは。石岡です。



現実世界の目に見えるもの、耳で聞こえる音、鼻で嗅ぐ匂い、肌に触れる感覚、そして言葉。






これらを感じる時、受け取る時、あなたはどこにダイヤルを合わせていますか?






現実世界で起こっていることを同時に数人で体験しても人によって記憶、印象が違います。





なぜなのか?






人によって物事の見方、受け取り方のダイヤルが違うからです。





どの部分にダイヤルを合わせているのか?





そのダイヤルが大切です。





脳には感受性のダイヤルに合わせた情報だけを取り込もうとする「チューニングイン」という働きがあります。

感受性とは物事を受け取る力、感じる力という意味です。






この受け取った情報は後に感情や心を形成する時に大きく影響します。






人間は起こったことではなくて、それをどう受け止めて、どう感じたかということで人生を送っているのです。






ダイヤルをどこに合わせるかで見えるものが変わってきます。







ということは♡


自分の周りで起こった出来事を感じる力、感情、記憶は自分自身で作り出せちゃうってこと!






自分でダイヤルを合わせる作業をすればいいんだもーん。






「楽しい、嬉しい、ありがたい、満足」
これらのダイヤルにあわせるのは私達です。






人間は同時に幸せなこと、不満なことを感じることができません。







どうして?





受け取るための脳への通路がひとつであるからです。


カーテンレールに吊るしているサンキャッチャー。






この多面的な形がいろんな光を生み出しているいるんだなー。





私達の心のダイヤルも1個や2個じゃない。





サンキャッチャーの光の数ぐらいダイヤルありますよ。

自分の世界は自分で決める。






合言葉は
「 チューニングイン 」





心がモヤっとした時や心折れそうな時、イキイキ自分を高めたい時





そんな時こそ
「 チューニングイン 」です。






私個人の感想ですがストレスケアのお勉強でいろんな言葉に出会ったのです。






その中でもトップ5があるのですが「 チューニングイン 」は
私のナンバー1です❣️





「 チューニングイン 」はトレーニングでもあります。

自分の心と身体をのびのびとしなやかに強く。


そして、輝きだす。



1日、2日とかで効果は表れません。






ですが、この「チューニングイン 」続けていくと自分の心と身体が変わってくるの実感しますよ。





「 チューニングイン 」を深める方法も今後ご紹介しますね。




今日も読んで下さってありがとうございます。
石岡 友紀
シーユー💛



つづきは↓
https://ishikotororo.hatenablog.com/entry/2019/09/13/110049




ストレスケアの基本のお話↓
https://ishikotororo.hatenablog.com/entry/2019/05/17/175702


ストレスケアとの出会い↓
https://ishikotororo.hatenablog.com/entry/2019/05/27/100051


ストレスケアのお問い合わせ、予約↓
https://ishikotororo.hatenablog.com/entry/2019/07/03/110308