のびのびと

のんびり、のびのびと。これに限る。

完敗の冬

こんにちは。石岡です。

 

2021年 お初です。

 

お仕事に明け暮れています。

まだまだね、覚えることが沢山あってしばしお仕事に集中する日々はあと半年か一年くらいは続きそうです。

 

 

えっと、えっと、えっと・・・

冬が長いです。

今まで生きてきた中で一番過酷な冬です。

例年になく大雪、極寒かと思いきや気温がプラスに急上昇。雨、そしてまた大雪。

 

f:id:ishikotororo:20210307174720j:image

 

道路が大変なことになってます。

除雪もなかなか追いつかず、排雪場所がないらしくずっーと排雪されないまま。

 

2月にね、大雪降って職場の駐車場で職員の車があちらこちらで埋まって押して押して押しまくった。

私の愛車はキューブでね、FFなの。

絶対に出れないのね。

だから、置いて帰ったわ。

猛吹雪の中、先輩と2人で歩いて帰りました。

コントに出てくる雪だるまみたいになって心も折れかけました。

道がないのよ 泣

 

翌日はね、20数年前にやっていたボードのウエアを引っ張り出して(下のみ)、リュック背負って完全装備で歩いて出勤。

 

あぁ、疲労が・・・。

 

 

車のありがたさが身にしみてその日の帰り道はキューブに「昨日はひとりぼっちにさせてごめんね」と話しかけながら運転して帰りました。

もうこんなことはあるまい。

もうすぐ3月だもの。こんな大雪は今回が最後、と思っていました。

 

 

 

あまい、あまーい!

私があまかったです。

 

3月2日大雪、大雪、大雪。

でもね、なんか今回は行けると思って車で出勤。

仕事中に見える窓から猛吹雪の景色が続き、ザワつく心。

帰りの駐車場、ドーン、雪。

でも、もう歩きたくない。

こんな中、歩いて帰れない。やだ、やだ、やだもん。

キューブ置いて帰るの、もういやだもん。

 

はい、すぐ埋まりました。

ジタバタしていると、自分の車を置いて先生が助けに来てくれました。

「運転変わるよ」と言ってくれ(感激)すぐ交代してもらい他のスタッフもキューブを押してくれて無事駐車場から出ました。

 

ううう、ありがたい。本当にありがたい。

 

 

ホッとしたのも束の間、家に着いたら駐車場の雪が50センチくらい積もっていて、車を停める場所がない。

そのままキューブを道に(中道)停めたまま除雪。

どのくらいの間、除雪していたんだろう?

私の他にも駐車場に入れない車が溢れ、恐ろしい光景に。

 

やっと除雪が終わりキューブを定位置に・・・

そんなバカな・・・

また埋まる。

全く動かない。

道路も雪が深くて一度止まってしまったら、抜け出せない。

JAFを呼ぶにも到着は明朝だろう。

その前に道路を塞いでしまっている。

 

気が遠のいて私の頭の中で何故かゴーン、ゴーンと除夜の鐘が鳴る。

焦っても仕方ない。腹を括るしかない。急に無心になる私。

 

 

そんな時、救世主が現れたのです。

マンションの隣棟のお兄さんが目の前に現れ、更にキューブの後ろから来た車からも男性が降りてきて助けに来てくれたのです。

しかも、その2人は知り合いだったらしく(職場の先輩、後輩と言っていました)車に詳しい人たちで運転を交互に代わってくれました。

それでもかなり手こずっていた様子で本当に申し訳なかったです。

 

 

最後はキューブの後ろの車、インプレッサ(先輩)で牽引して助け出してくれました。

インプレッサ、すごかったな〜。

 

2人ともカッコ良かった!! 素敵だったなぁ。

感動しっぱなしの私です。

私1人では無理でした。

ありがとうございました、と何度言っても足りないくらいです。

感謝致します。

 

 

家の中に入れたのは職場を出てから2時間10分後。その間、雪との闘い。

歩けば40分。

歩いた方が早かった!

こういう時は無理せずに歩く、ということでここ数日、通勤、プライベート歩いてまっす。

 

完敗です。

大雪の後の夏は多分猛暑だな。だいたい、そのパターン。

うぐぐ。

自然には逆らえない。

 

長々と書いてしまいました。

 

夜勤明けの帰り道、トボトボと歩いて撮った写真。

天気良し。

川の中央の雪がワニに見えてパチリ。

f:id:ishikotororo:20210307174943j:image

 

ダンプの甲羅干し

f:id:ishikotororo:20210307175023j:image

 

そんなこんなで頭がだいぶおかしくなっているので今回は3回言ってみよう。

 

シーユー、シーユー、シーユー💛

えへへ。

石岡 友紀

お久しぶりです

 

こんにちは。石岡です。

 

 

7月の更新から気づけば12月30日になっていました。

 

 

看護師の仕事に戻ってから毎日が目まぐるしく過ぎ

、あっという間に1日が終わる・・・

 

なんでしょう・・・

体力にも余裕がありません、トホホ。

 

 

仕事から帰ってきたら、とにかく早く寝ることだけを考えて、パンパンになった頭の中をただひたすら解放させる。

ボーッとね、ボーッとです。

 

その後、寝る。

バタンキューです。

 

 

そのため、皆さんのブログを読めなくなりました。

大切な文章を読むのはただ単に読むのではなく、ふわっとジワ〜っと心穏やかに読みたいのです。

 

それがワタクシ今はできません。

仕事が終わったら頭の中に情報を取り入れられないの、オヨヨ。

世の中がコロナだからとかではなくて、この仕事をするとワタクシ自身がエネルギーを使い果たしちゃうんです、昔から。

 

 

そしてワタクシ自身がクールダウンにすごく時間がかかるタイプなので器用に出来ないのです。

 

 

本当にごめんなさい。

自分勝手だなぁと思います。

 

 

シジキキ様、せっかくバトンを頂いたのに気づいたのは後日で全くその余裕がなくバトンを回せませんでした。

ごめんなさい。

でも、バトンを頂いてとても嬉しかったです。

ありがとうございます♡

 

Wanderer Aya様、明月様、きのこちゃん様 お元気ですか?

 

そして、icoさん ありがとう。

icoさん、ワタクシ以心伝心という言葉が大好きです。

 

 

 

仕事をしながらお子さんや家族のことを頑張っているお母さん、お父さん、本当に凄いと思います。

ワタクシ自分のことで手一杯でちょっとハズカシイ

(*´-`)

 

 

ブログやFacebook、インスタなどのSNSもほぼ見れていません。

お休みの日は家事をしているか、頭を休ませるためにホケーッと。

集中力とは無縁の時間を過ごしています。

 

 

ワタクシは旭川に住んでいまして、病院にお勤めしているのでやはりいろいろとあります。

 

吉田病院、厚生病院、療育園で働いている仲間がいます。

みんなみんな頑張っています。

 

 

世界がコロナから落ち着くまでにまだ時間はかかると思いますが、皆さんの健康と笑顔を願ってワタクシもお仕事頑張りまっす。

 

 

あ、そうだ、9月に帯状疱疹になったのー。

左の腰とお尻に・・・イタカッタワ。

治るのに1ヶ月半かかったの、シクシク。

 

でも、急に良くなって今じゃ全く痛くないの。

それだけで幸せです♡

 

 

 

ではでは、今年最後のブログです。

来年も自分のペースで更新になると思います。

最後まで勝手でごめんなさい。

そして、皆様ありがとう♡

 

 

2020年12月30日         

旭川は連日ドカ雪です

シーユー💛          石岡 友紀

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっと夏がきた

 

こんにちは。石岡です。

 

7月に入ってやっと北海道にも夏到来。

今年はなかなか夏が来なくて待ち遠しかったよ。

 

f:id:ishikotororo:20200706161038j:image

 

 

昨日、今年初めて車のエアコンを入れました。

『暑い』なんて久々に言いました。

 

 

おろし蕎麦も食べました。

f:id:ishikotororo:20200706161308j:image

 

 

やっぱり夏っていいね。

外の景色を見てるだけで幸せだ〜。

f:id:ishikotororo:20200706161022j:image

 

 

右腕の調子はあと一歩というところ。

結構長引いております。

 

 

でも、元気に過ごしております。

ぼちぼちガンバロー。

 

 

ではでは。

 

今日も読んで下さってありがとうございます。

石岡 友紀

シーユー💛

 

辛口な言葉

 

こんにちは。石岡です。

 

寒い6月が終わります。

 

暑い、日差し、ジメジメがという言葉を皆さんのブログから拝見して本当に?と疑ってしまう自分がいます。

太陽と気温をこちらにも分けて欲しいです。

 

 

 

先日、昔言われた辛口な言葉を思い出す場面がありました。

 

その辛口な言葉とは

約20年ぶりに東京から地元の北海道に戻ってきた知人がいました。

 

 

その人と会って話しているときに「北海道のお店の店員さんって態度ないよね」と辛口なお言葉を頂きました。

 

 

え、そっか、そうなのか?

ま、たまにそういう人もいるけど、でもそればっかりじゃないしと伝えたんですが納得されず。

 

ほぼ、対応が悪いと言われました。

何か聞いてもはぁ?と言った迷惑そうな態度もとられたこともあったみたいです。

そして、無愛想で・・・といろいろパンチのある言葉をもらいました。

 

その知人は接客業をしているので尚更気になるのかもしれません。

 

東京でそんな態度とったらすぐクレームきて大変なことになるし、極端にいうと仕事を辞めなきゃならないくらいなんだよ、と知人は言います。

お客様に笑顔になって帰っていただく、それも含めての仕事なんだよ。

だから、みんな一生懸命良い対応するのは入職から教育を受けているんだ。

自分が見られているっていう意識を持たなきゃね、と。

 

うん、それって大事だよな、と私も思います。

以前、ストレスケアの学校に通うために4〜5年間くらい北海道と東京を行ったり来たりしていた時期のことを思い出しました。

 

確かに東京の方の接客は気持ちが良かった!

特に笑顔が素敵な人ばかりでした。

 

そのことを思い出し、むむむ、北海道も頑張らねばと思います。

 

 

ちょっと前置きが長くなりましたが・・・

 

数日前に半年ぶりにお気に入りのお店にランチに行きました。

 

店主は50代くらいの男性で時には奥様もご一緒お仕事をされていて、なんせ接客も料理も抜群なのです。

 

半年ぶりでワクワク。

 

入店❣️

 

 

アルバイトらしき若い女性が1人立っていました。

私をチラリと見るなりそっぽを向き、何も言わずだるそうにななめ立ち。

 

いつもなら店主の『いらっしゃいませ』の言葉と笑顔があるはずなのに・・・

 

いらっしゃいませの一言もなく、あっれ〜?これ困ったぞ、なんだこの雰囲気はと思いつつ「1人です」と言ってみた。

 

「はい」と一言だけ返ってきたので「ここいいですか?」と席を聞いてみました。

 

「どうぞ」と一言返ってきたので座りました。

 

あー、来なきゃ良かった。

今まで人にこのお店勧めていたけど、もうやめよう。

そんなことが頭の中をグルグル。

 

 

食べ物を注文したと同時にいつもの店主が登場し、変わらずの笑顔といらっしゃいませで少しホッとしました。

 

注文した時のアルバイトの方も先ほどと同様にツレナイ態度。

 

私、ちょっとおかしくなって思わず吹き出してしまいました。

 

 

そうしたら、その女性も何かを感じたらしく今まで私のことを見なかったのに厨房から目が合うようになりました。

 

店主とその女性のやりとりを聞きながら料理の到着を待ちました。

 

え?

どうみても家族。

親子かい⁉️

お父さん〜、そっか〜、娘には強く出れないもんな。

 

そっか〜、そっか〜。

 

なんか複雑な心境。

食事を頂いている間、ずっと東京から戻ってきた知人の言葉が思い浮かびました。

 

人の態度や言葉ってお店にとってとても大切なことなんだな。

そこが1番重要なんだな、と食べている間中、頭の中をグルグル。

 

 

食べている時にメニューを見ながら値段を再確認。

税込1080円。

 

お財布には小銭があるから1080円ちょうどあるはず。

お釣りを受け取らない方法を考えていました。

大人気ないのはわかっていますが、なんだか彼女の気持ちがこもるみたいな感じがしてお釣りを受け取りたくないなぁなんて思っていました。

 

 

そんな時に次のお客様が来店。

ワタクシ、そわそわしました。

え?大丈夫?

 

『いらっしゃいませ』

彼女の声が聞こえます。

言えるんでしょ!

良かった!ちょっとホッとしているワタクシがいました。

 

食べ終わってギリギリまで悩んだワタクシ。

その手には1100円。

 

お釣りを受け取ろう。

 

20円のお釣りを彼女から受け取って目と目があって『ごちそうさまでした』と言えた自分にまたホッとしました。

 

受け取った20円は全然嫌な感じはしませんでした。

 

f:id:ishikotororo:20200627105832j:image

 

いろいろとみんな毎日あるよね。

そんなことの繰り返し。

まっ、いっか。

 

 

ではでは。

 

 

今日も読んで下さってありがとうございます。

石岡 友紀

シーユー💛

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年が半分過ぎた

 

こんにちは。石岡です。

 

あっという間に夏至が過ぎてしまった。

 

北海道は冬が長くて冬至が過ぎたらあとは少しずつ陽が長くなるのを待って雪解けを待つ。

 

そして春

 

青空や雪のない道路を見るのが嬉しくて何もなくてもウキウキしちゃう。

 

つい最近春を迎えたばかりのような感じなのに夏至が過ぎてしまった。

 

今年は特別な感じなので外で思いっきり何かをしたのもなく日常生活を味わい尽くした時間でした。

 

だから、夏至がきたのがなんかさびしい。

もっともっと外が明るい季節を堪能したい。

 

 

陽が長いって心が伸び伸びするんだよな。

道民にとって太陽、雪のない道路、緑は貴重な時間。

土の匂い、虫や蛙の鳴き声、花や緑の木々、森や残雪がある美しい山。

あぁ、青空が大好きです。

 

f:id:ishikotororo:20200621203530j:image

 

今度のお休みの日はどうか晴れますように。

 

 

ではでは(右腕の調子は80%、あともう少し♡)

 

 

 

今日も読んで下さってありがとうございます。

石岡 友紀

シーユー💛

腕が動かない

 

こんにちは。石岡です。

 

 

f:id:ishikotororo:20200620092228j:image

今年の夏は暑くなるのでしょうか?

旭川は連日20℃前後。

長袖が必要な日がずっと続いています。

おかしいな・・・

 

 

 

先日、やってしまいました。

橈骨(とうこつ)神経麻痺。

人生初です。

今は徐々に回復していますが右腕、右手が全く動かなくなりました。

 

原因はなんてことない、簡単なことで・・・

テーブルに上半身ゴロリと寝そべって右の二の腕をテーブルのヘリに乗せ、顔を腕に乗せたままスマホを見ていました。

 

その時間約20分。

たった20分です。

別に辛くもなく身を起こし右腕を動かそうとしたら、腕がダラン。

 

え?

痺れてもいないし、おかしいな?

特に肘関節から先が全く動きません。

手は下を向いたまま。指も曲げれないし伸ばせない。

一生懸命脳から命令しますがピクリともしないのです。

 

焦りました。

以前、テレビで見たことのある橈骨神経麻痺だ!と思いました。

乗り物の移動などで窓下の棚などに腕を乗せて、その上に顔を乗せて寝ることってありますよね。

それで、腕が動かなくなった女性の特集をやっていたのです。

 

 

橈骨神経は手の親指側から二の腕まで繋がっている神経です。

ワタクシ、多分二の腕の外側の橈骨神経にテーブルのヘリが当たり圧迫していたんだと思います。

 

 

 

脳の病気をされた方や事故などで半身麻痺になっている方達はこんな思いをしているんですね。

本当に動かないのです。

どんなに頑張っても自分の意思では全く動かない。

今までは命令する時差も感じないくらい自然と動かせていた身体がこんなことになるんだ。

人間の身体って・・・、神経ってすごいんだな。

 

 

その日は仕事が休みで良かった。

その翌日も久々のお休みで本当に良かった。

お仕事できないもの。

 

1時間後くらいに痺れている感覚が出てきたので左手でちょっと無理矢理右手をいじったら、急に右手から腕がブルブルブルと大きく震えだし、それがまた自分の意思で止められない。

 

ひぇ〜っっ、困った!

左手で必死に押さえて止まりました。

 

6時間後になんとなく肘が動かせるようなり、指先も少し動くようになりました。

 

そして寝ました。

ワタクシ睡魔には勝てないのです。

ちょっと回復が見られたので大丈夫かな、と思いました。

 

 

12時間後にはだいぶ動かせるようになりましたが、それでも60%くらいかな。

腕が重くて腕を上げると保持できないのです。

あと指がまだスムーズに動かせないので物を持ち上げることはできません。

翌朝はご飯の上に海苔の佃煮を乗せてスプーンを使って、ほぼ犬食いです。

 

でも、なんだかとても冷静な自分がいました。

ご飯も美味しくいただきました。

 

確実に動かせるようになってるからかな。

今は親指から中指までの3本と親指側から肘、そして二の腕の外側が痺れています。

指の曲げ伸ばしはイマイチ。

歯を抜くときに麻酔をかけられたら唇や周りが変な感じしますよね。

あの感覚が腕に起こっています。

 

えへへ、スマホの操作は元々左手の親指でやっているので問題なしでっす。

 

いつ完全復活するかな。

戻るさ、大丈夫大丈夫。

 

 

それとね、国からマスクが届きました。

ワタクシの元に届くまでいろんな方達が携わっているんだろうな。

ありがとうございます。

 

 

そして、また同じ体勢でテーブルに身を投げているワタクシがいて、も〜バカバカバカ。

次やったら回復にどれだけ時間がかかるのか。

ヒヤヒヤします。

 

 

ではでは。

 

今日も読んで下さってありがとうございます。

石岡 友紀

シーユー💛

脚の長さ

 

こんにちは。石岡です。

 

北海道はとっても綺麗な季節になってますよー。

 

f:id:ishikotororo:20200614212451j:image

ランラランララーン。

とってもスッキリ。

 

 

職場でね、愕然としたことがありました。

 

タイトルの通り、脚の長さです。

 

 

職場は20代から60代までのスタッフがいます。

 

患者さんが入浴をされるため、ベッドからストレッチャーに移動する時がありました。

 

ストレッチャーに移動後、体勢を整えるために患者さんをもう一度手で持ち上げるお手伝いをしようとストレッチャーとベッドの隙間に入ろうとした瞬間

 

あ、あれ?脚が入りません。

え?私極端に大柄なわけではないし、この隙間ならどうにかなるだろうと思って滑り込んだのに。

滑り込めなかった。

 

2、3度試してみたけどダメでした。

く〜、悔しい‼️

 

そこに20代のスタッフが『私手伝いますよ』と言って登場。

 

助かる〜、お願い♡

『でも、ここ狭いから気をつけてね』と言ってる最中にスルリと彼女の脚はその隙間に入っていきました。

 

 

なんで?なんで?なんで?

『私、脚入らなかったのに、なんで?』と声を大にして言いました。

 

その場にいたみんなが大爆笑。

 

確かに彼女は私よりもスラリとしているけど・・。

 

 

マジマジとそのなんで?が知りたくて見てしまいました。

 

 

はっ‼️‼️‼️

 

 

膝の高さが全然違う‼️

彼女の膝はストレッチャーよりも上なのです。

だから、ストレッチャーとベッドの間に挟まることなくスルリと入っていけたのです。

 

 

ワタクシの膝は、いや、ワタクシの場合は膝小僧だな。

ワタクシの膝小僧はストレッチャーの高さにバッチリ当てはまり、その膝小僧が原因で隙間に入っていけなかったのです。

 

彼女は私よりも少し背が高いのですが膝の位置、いや脚の長さだな・・。

 

脚が長いっっ‼️

 

平成の脚と昭和の脚

 

く〜、こんなにも違うものなのか・・・

 

 

ワタクシはどこから見ても日本人体型。

20代のスタッフはワタクシから見ても素敵。

 

 

えへ、ワタクシすぐ甘えちゃいます。

ワタクシができないことを『お願い♡』と頼み、そして彼女達がまだわからないことをソッと教える。

 

お互い補い合う。

いっぱい助けてもらっています。

ありがとう♡

 

 

でも、やっぱり脚が長いっていいな❣️

 

 

ではでは。

 

 

今日も読んで下さってありがとうございます。

石岡 友紀

シーユー💛