自分を生きる 旭川ストレスケアサロン mederu

「ほっとする心と身体」で自分らしく生きることを大切にしています。ストレスケアカウンセラー、一般社団法人JASCA会員、看護師、「ストレスケア」は心と身体のリラクセーションです。

ストレスは生きている証①〜ストレスの感じ方、仕組み

こんにちは。石岡です。

 

この前飲んだトマトジュース🍅

f:id:ishikotororo:20190529164142j:image

沼田町のトマトジュース。

とってもスッキリとした後味で飲みやすく美味しかったです。

有塩もありましたが、無塩が好きなので。

ちなみに小平町の道の駅で購入しました。

 

前回のお話し↓

https://ishikotororo.hatenablog.com/entry/2019/05/29/100034

 

皆さーん、ストレス感じてますか?

 

今日はストレスの感じ方や私達の身体の中でおこっていることについてお話しをしたいと思います。

 

難しそう?   わかりやすいように頑張りまっす!

 

まずはストレスのイメージについて⭐️

 

皆さん、「ストレス」という言葉を聞いてどんなイメージがわきますか?

 

疲れ、しんどいもの、体調不良、ツライもの、学校や職場を休むこと、  心身のダメージ     人間関係

などですか?

 

どちらかと言うとマイナスなイメージですか?

 

人それぞれ「ストレス」のイメージや自分自身への「ストレス」の感じ方も違います。

 

ここでお知らせです🐇

実は生きている人間の身体には全員ストレス反応がおこっている、ということ

「ええぇ〜、うそ〜、私そんなにストレス感じてないよ〜」と言う声が聞こえてきそうな・・・。

でも、「生きているからこそ」なんです。

ただし、本人による感じ方、自覚に差があるので「ストレスはないです」とおっしゃる方もいらっしゃいます。

 

ここでストレスの仕組みを簡単に説明させて下さい。

はじまりはじまり〜

ストレスの原因となる元

これって意外にも私達の日常にいっぱいあるんです。

例えば

暑さや寒さ、日々の疲れ、空腹、騒音、緊張、不安、愛情、病気、人間関係、別れ、仕事、結婚、出産など(一例です)

「嬉しい」ことも「辛い」ことも原因のひとつなんです。

そして、これらの情報が私達の五感を通して、す べ て 脳に送られていくんです💫

その情報は脳にとって「刺激」として受けとるんです。

 

次に 脳と筋肉はとーっても仲良し。

その受け取った情報(刺激)を筋肉に送っちゃうんですよ。

そ・し・て・そ・し・て

筋肉もその受け取った情報(刺激)を脳に送り返しちゃうんですね〜。

脳と筋肉、お互い刺激しっぱなし相思相愛ですよ💖  

もう誰も間に入れないですよ。

この関係性、ずっと続けてるんです。

私達が生きている間ずっと😳

 

その情報(刺激)ってね、緊張に変わるのね。

そして、脳も筋肉も情報交換が止まらないものだから気づけば緊張しっぱなしになるのね。

(えへ、こうやって肩凝りなんかがおこるのね)

普段の私達はこの刺激をうけたら自動的にストレス反応が身体の中で少なからず起こっているのね。(ストレス反応の詳細については、また次回)

日々、この繰り返しです。

 

私達が思っている以上に自分の身体と脳は情報を受け取っていて、実は休んでいないのね。

 

 

ストレス=マイナス  ではなく、「生きている証」です。

 

大切なのはストレスに対する抵抗力をもった「心」と「身体」を手に入れること

 

ちょっと長くなりそうなので、この辺で一回やめておきます。

ごめんね、だよ。

今日も読んで下さってありがとうございました。

                                                                石岡 友紀

シーユー💛

 

 

続きはこちらです↓

https://ishikotororo.hatenablog.com/entry/2019/06/08/110051